2015/08/21 18:32

「トラボルタとサミュエル・L・ジャクソンがくっだらねぇ話してたじゃん。あれなんだっけ?」

嶋崎さんとTomoharuと琵琶湖へ釣りに行く道中、そんな話をしてた。

「どうでもいい事をしっかり覚えている事」こそ、幼い頃からのアイデンティティー。
屈辱的なボーンヘッド。
いよいよヤキが回った。

どうしても思い出せなかったが、あっさりネットで調べるのもなんだか腹立たしい。
そのシーンだけを観直すつもりで、久々にDVDを再生するも案の定2時間半どっぷり。


"Do you know what they call a Quarter Pounder with cheese in Paris?"
「パリでは(マクドナルドの)クォーターパウンダー・チーズを何て呼んでるか知ってるか?」

"They don't call it a Quarter Pounder with cheese?"
「クォーターパウンダー・チーズじゃないのかい?」

"No man, they got the metric system. They wouldn't know what the fuck a Quarter Pounder is."
「違うよお前、奴らはメートル法だからな。クォーターパウンダー(1/4ポンド)なんて言ってもわかんねーんだよ」

"Then what do they call it?"
「じゃ、何て呼んでるんだ?」

"They call it a 'Royale' with cheese."
「『ロイヤル・ウィズ・チーズ』さ」

"A 'Royale' with cheese!"
「『ロイヤル・ウィズ・チーズ』!」

"That's right."
「そうだ」

"What do they call a Big Mac?"
「じゃ、ビッグマックは?」

"A Big Mac's a Big Mac, but they call it 'Le Big Mac.'"
「ビッグマックはビッグマックさ。ただし奴らのは『ル・ビッグマック』だけどね」

"'Le Big Mac!'" 
「『ル・ビッグマック』!」

"What do they call a 'Whopper'?"
「(バーガーキングの)ワッパーは?」

"I don't know, I didn't go into Burger King."
「知らねえよ、俺、バーガーキングは入らなかったもん」


上映最終日の新宿ミラノ座で時間ギリギリ最前列で観た、あの時の興奮が蘇る。
こんな興奮を又映画館で味わう事が出来るのか。

20年以上の時を経て、そんな不安を遂に払拭してくれたのが先日観た「マッドマックス 怒りのデス・ロード」なんだけど、その話は又今度。


植田