家紋「桃蔓/隅切り角」プリント indigo

POPな桃に渋い漢詩とドイツ語のコラボレーション。


桃蔓と隅切り角の家紋に、盛唐の詩人「賈至(かし)」の春思二首を組み合わせてみました。

POPな桃に渋い漢詩とドイツ語。
エルトポらしい1枚に仕上がったと思います。

漢詩は訳すと、「草色 青青として 柳色 黄なり 桃花 歴乱として 李花 香(かんば)し 東風 為に 愁いを吹き去らず 春日 偏(ひと)えによく恨みを惹(ひ)きて長し」。
口語訳は、「萌えたばかりの草は青青として 柳の新芽は黄金の色、桃の花は一面に咲き乱れ、李の花は香しい。だが、春風は私の愁いを吹き去ろうとはしてくれず、長い春の日は憎らしくも、私の心に深い嘆きを起こさせるばかり。」という意味だそうです。
難しいけどかっこいいですね、漢詩。


こちらの商品はコーマ糸使用のUnited Athle Tシャツ6.2ozを使用しております。
アウター仕様で長期間に渡ってご愛用できるクオリティです。

cotton100% 6.2oz

XS 着丈57cm 身幅42cm 袖丈15cm 肩幅38cm
S 着丈63cm 身幅47cm 袖丈18cm 肩幅42cm
M 着丈68cm 身幅52cm 袖丈21.5cm 肩幅46cm
L 着丈72cm 身幅54.5cm 袖丈21.5cm 肩幅50cm
XL 着丈75cm 身幅59.5cm 袖丈22.5cm 肩幅55cm

*限定生産品の為、再入荷の予定はございません。
品切れの際はご容赦下さいませ。

¥ 3,672

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価